25. 9月 2019

19:30 Großer Saal, Musikverein

Wiener Symphoniker

Philippe Jordan | Johannes Brahms

ログイン

あなたが入力されたメールアドレスには既に登録されています。二重登録を避けるため、このアカウントを有効化してください。詳しい説明をメールでお送りしました。

www.musikverein.atでのアカウント用に、このメールアドレスによるパスワードを設定する。

このメールアドレスで登録された方はいません。

ご登録ください。

続ける

 

手続きを継続してください。あなたがwww.musikverein.atに登録されていない場合は「新規登録」をお選びください。

登録:ステップ 1/3

まずあなたのメールアドレスをご入力ください。これが、あなたのユーザーネームとなります。

登録済みメールアドレス

ログイン

あなたが入力されたメールアドレスには既に登録されています。二重登録を避けるため、このアカウントを有効化してください。詳しい説明をメールでお送りしました。

www.musikverein.atでのアカウント用に、このメールアドレスによるパスワードを設定する。

続ける

登録:ステップ 2/3

パスワードをご入力ください。


{{Data.Email}}


続ける

{{Data.Email}}

あなたの個人データをご入力ください。
登録に際してはまず、個人アカウントか企業アカウントかをお確かめください。*印のある欄は必ずご記入ください。


個人
   

Daten unwiderruflich löschen

Wollen Sie, dass Ihre Daten unwiderruflich aus unserer Datenbank gelöscht werden?


NEIN JA

{{successMessage}}
会社

{{successMessage}}

会員証は、あなたのショッピングカートに加えられました!
この会員証は2018年6月30日まで有効です。

Your Membership

You currently don't have a membership for the season 2019/20.
The membership for the season 2018/19 is valid until 30 June 2019.
あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

以下で、2019/20年シーズンのメンバーシップをショッピングカートに入れることがてきます。
あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

予約済みメンバーシップ

「メンバーシップを延長する」をクリックし、メンバーシップをショッピングカートにお入れください。次のシーズンにメンバーシップをご希望されない場合には「延長しない」をクリックしてください。


メンバーシップ

ウィーン楽友協会の会員には次のような特典があります。
  • シーズン予約10%割引(各ツィクルスにつき2名まで)、
  • 協会主催の全てのコンサートについて公演日2ヵ月前から前売り(一般前売りは、その1週間後から)、
  • 雑誌「Musikfreunde」と全てのプログラム(フェスティバル、芸術週間音楽祭など)の送付、
  • チケット窓口でお受け取りいただける年1回のプレゼント、
  • 毎年4月に次のシーズンの予約プログラム送付。
 

会員証は、あなたのショッピングカートに加えられました!
この会員証は2020年6月30日まで有効です。

メンバーシップ
{{Cart.Membership.Name}}

料金
{{(Cart.Membership.Price | numeraljs : '$ 0,0.00').replaceAll(' ','.').replaceAll('$.','$ ').replaceAll('€.','€ ')}}

この会員証をショッピングカートから除く

ショッピングカートにあるチケット(1枚または複数)には会員証が必要です。


私はメンバーシップを希望します。
このメンバーシップは即刻2019/20年シーズンに有効であり、有効期限は
2010年6月30日です。

メンバーシップ
{{membership.Name}}

料金
{{(membership.Price | numeraljs : '$ 0,0.00').replaceAll(' ','.').replaceAll('$.','$ ').replaceAll('€.','€ ')}}

メンバーシップの手続きのためにあなたの生年月日をお知らせください。

      保存

メンバーシップ

メンバーシップは別項のショッピング手続きでお申し込みください。

スピード予約

スピード予約では、お選びいただいたカテゴリーで最良の空席のチケットが、あなたのショッピングカートに入れられます。

料金カテゴリーのわかる観客席見取り図は、別のウィンドウでご覧いただけます。


座席表


チケットをお選びいただき「ショッピングカートに入れる」をクリックされると、その座席は15分間、あなたのために確保されています。この時間内にチケット購入手続きを完了されるようお願いいたします。

料金・カテゴリーの再読み込み中です。しばらくお待ちください …

{{T("Shoppingcart.Error|Message")}}

カテゴリー再読み込み

カテゴリー 料金 数量:
{{cat.Id}}
立ち見席
{{cat.NormalPrice | numeraljs : '$ 0.00'}} 完売

少々お待ちください。あなたのチケットはショッピングカートに入れられます... ベストシートチケットを購入

料金・カテゴリーの再読み込み中です。しばらくお待ちください …

{{T("Shoppingcart.Error|Message")}}

カテゴリー再読み込み

残念ながら、このコンサートの車椅子用チケットは売り切れました。
カテゴリー 料金 数量:
{{cat.NormalPrice | numeraljs : '$ 0.00'}} 完売


少々お待ちください。あなたのチケットはショッピングカートに入れられます... ベストシートチケットを購入

3D座席表で予約する

 

座席表でチケットをお選びいただくためには「座席表でチケットを選ぶ」をご利用ください。新たなウィンドウで3D観客席見取り図が開きます。まずセクターを選び、次いで、ひとつあるいは複数の座席をお選びください。

お選びいただいた座席は15分間、あなたのために確保されています。この時間内にチケット購入手続きを完了されるようお願いいたします。

 

座席表でチケットを選ぶ

サービス

プログラムの印刷

facebookシェア

カレンダーに加える

ゲルストナー社のスナックを予約する

emailシェア

Twitterシェア

その他の公演日

木, 26. 9月 2019 19:30

 

Vom Anfangen und Aufhören

Die Brahms-Symphonien, dirigiert von Philippe Jordan  

Ihre letzte gemeinsame Saison beginnen Philippe Jordan und die Wiener Symphoniker im Musikverein mit einer zyklischen Aufführung der Symphonien von Johannes Brahms: Schlaglichter auf vier einzigartige Werke, deren Modernität sich aus der Vergangenheit entwickelt und die Zeiten überdauert. 

Das Anfangen war schwer für den Symphoniker Johannes Brahms. Aber schon dem jungen Komponisten war plötzlich alles schwer geworden. Das enthusiastische Lob Robert Schumanns, geäußert 1853 in dessen letztem Aufsatz für die „Neue Zeitschrift für Musik“ und bis heute unablässig und oft ohne Nachdenken zitiert, verwandelte sich für den zwanzigjährigen Hamburger Jüngling in eine künstlerische Hypothek. Erschien er dem wenige Monate später in die psychische Krise stürzenden Schumann als fertiges Originalgenie, also jemand „wie Minerva, gleich vollkommen gepanzert aus dem Haupte des Kronion“ entsprungen, der „aus dem Clavier ein Orchester von wehklagenden und lautjubelnden Stimmen machte“ und Sonaten spielte, die „mehr verschleierte Symphonien“ zu sein schienen, war dem bedauernswerten Brahms in Wirklichkeit quälend lange Zeit schleierhaft, wie denn eine gültige Symphonie auszusehen und zu klingen habe. Gleichsam über Nacht stand er im Rampenlicht, fühlte enormen Druck auf sich lasten und wurde von Versagensängsten geplagt.

weiterlesen