27. 11月 2017

19:30 Großer Saal, Musikverein

Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

Mariss Jansons | Anton Bruckner

ログイン

あなたが入力されたメールアドレスには既に登録されています。二重登録を避けるため、このアカウントを有効化してください。詳しい説明をメールでお送りしました。

www.musikverein.atでのアカウント用に、このメールアドレスによるパスワードを設定する。

このメールアドレスで登録された方はいません。

ご登録ください。

続ける

 

手続きを継続してください。あなたがwww.musikverein.atに登録されていない場合は「新規登録」をお選びください。

登録:ステップ 1/3

まずあなたのメールアドレスをご入力ください。これが、あなたのユーザーネームとなります。

登録済みメールアドレス

ログイン

あなたが入力されたメールアドレスには既に登録されています。二重登録を避けるため、このアカウントを有効化してください。詳しい説明をメールでお送りしました。

www.musikverein.atでのアカウント用に、このメールアドレスによるパスワードを設定する。

続ける

登録:ステップ 2/3

パスワードをご入力ください。


{{Data.Email}}


続ける

{{Data.Email}}

あなたの個人データをご入力ください。
登録に際してはまず、個人アカウントか企業アカウントかをお確かめください。*印のある欄は必ずご記入ください。


個人
   

{{successMessage}}
会社

{{successMessage}}

会員証は、あなたのショッピングカートに加えられました!
この会員証は2018年6月30日まで有効です。

Your Membership

You currently don't have a membership for the season 2017/18.
The membership for the season 2016/17 is valid until 30 June 2017.
あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

以下で、2017/18年シーズンのメンバーシップをショッピングカートに入れることがてきます。
あなたはすでに会員登録されています。
{{membership.Name}}

予約済みメンバーシップ

「メンバーシップを延長する」をクリックし、メンバーシップをショッピングカートにお入れください。次のシーズンにメンバーシップをご希望されない場合には「延長しない」をクリックしてください。


メンバーシップ

ウィーン楽友協会の会員には次のような特典があります。
  • シーズン予約10%割引(各ツィクルスにつき2名まで)、
  • 協会主催の全てのコンサートについて公演日2ヵ月前から前売り(一般前売りは、その1週間後から)、
  • 雑誌「Musikfreunde」と全てのプログラム(フェスティバル、芸術週間音楽祭など)の送付、
  • チケット窓口でお受け取りいただける年1回のプレゼント、
  • 毎年4月に次のシーズンの予約プログラム送付。
 

会員証は、あなたのショッピングカートに加えられました!
この会員証は2018年6月30日まで有効です。

メンバーシップ
{{Cart.Membership.Name}}

料金
{{(Cart.Membership.Price | numeraljs : '$ 0,0.00').replaceAll(' ','.').replaceAll('$.','$ ').replaceAll('€.','€ ')}}

この会員証をショッピングカートから除く

ショッピングカートにあるチケット(1枚または複数)には会員証が必要です。


私はメンバーシップを希望します。
このメンバーシップは即刻2017/18年シーズンに有効であり、有効期限は
2018年6月30日です。

メンバーシップ
{{membership.Name}}

料金
{{(membership.Price | numeraljs : '$ 0,0.00').replaceAll(' ','.').replaceAll('$.','$ ').replaceAll('€.','€ ')}}

メンバーシップの手続きのためにあなたの生年月日をお知らせください。

      保存

メンバーシップ

メンバーシップは別項のショッピング手続きでお申し込みください。

スピード予約

スピード予約では、お選びいただいたカテゴリーで最良の空席のチケットが、あなたのショッピングカートに入れられます。

料金カテゴリーのわかる観客席見取り図は、別のウィンドウでご覧いただけます。


座席表


チケットをお選びいただき「ショッピングカートに入れる」をクリックされると、その座席は15分間、あなたのために確保されています。この時間内にチケット購入手続きを完了されるようお願いいたします。

料金・カテゴリーの再読み込み中です。しばらくお待ちください …

{{Error.Message}}

カテゴリー再読み込み

カテゴリー 料金 数量:
{{cat.Id}}
立ち見席
{{cat.NormalPrice | numeraljs : '$ 0.00'}} 完売

少々お待ちください。あなたのチケットはショッピングカートに入れられます... ベストシートチケットを購入

料金・カテゴリーの再読み込み中です。しばらくお待ちください …

{{Error.Message}}

カテゴリー再読み込み

残念ながら、このコンサートの車椅子用チケットは売り切れました。
カテゴリー 料金 数量:
{{cat.NormalPrice | numeraljs : '$ 0.00'}} 完売


少々お待ちください。あなたのチケットはショッピングカートに入れられます... ベストシートチケットを購入

3D座席表で予約する

 

座席表でチケットをお選びいただくためには「座席表でチケットを選ぶ」をご利用ください。新たなウィンドウで3D観客席見取り図が開きます。まずセクターを選び、次いで、ひとつあるいは複数の座席をお選びください。

お選びいただいた座席は15分間、あなたのために確保されています。この時間内にチケット購入手続きを完了されるようお願いいたします。

 

座席表でチケットを選ぶ


サービス

プログラムの印刷

facebookシェア

カレンダーに加える

ゲルストナー社のスナックを予約する

emailシェア

Twitterシェア

Remarks

Keine Pause.

 

Hart und zart

Mariss Jansons und München

Er ist ein Mensch, der Präzision und Disziplin verlangt und die Kontrolle will – aber zugleich Gefühl und Spontaneität sehr schätzt. Ein Mann also, der Gegensätzliches, ja fast Widersprüchliches vereint. Aber vermutlich liebt ihn sein Orchester genau dafür seit 14 Jahren. Im November sind Mariss Jansons und das Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks wieder im Musikverein zu Gast. Ein guter Anlass, dieser besonderen Verbindung nachzuspüren.

Wer ihn kennt, weiß: Er ist ein Workaholic. Und ein Perfektionist. Mariss Jansons ist ein detailbesessener, harter Arbeiter. Der Maestro brauche das Gefühl, immer alles unter Kontrolle zu haben, erzählen seine Musiker. Jansons widerspricht nicht. „Alles ist schwer, wenn man es gut machen möchte. Leicht gibt es nicht“, sagt er. Warum etwas gut wird? Aufgrund von Begabung, Talent oder Intuition natürlich. Aber der 74-Jährige hat darauf noch eine weitere Antwort: „Fleiß.“ Als ihn einst das Fernsehen in einem Film über ihn selbst als Komparse benötigte, fragte der Regisseur Frau Jansons, ob sie mit ihrem Mann vielleicht ein wenig dekorativ spazieren gehen könne. Ihre Antwort kam prompt: „Wir gehen nie spazieren. Mein Mann hat zu arbeiten.“

weiterlesen